おいしさのひみつ

深い色香と味の良さ 狭山茶

cha狭山茶は、比較的冷涼な丘陵地帯に多く栽培されており、じっくりと成長するため、深い味わいが特徴です。
「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」と「狭山茶作り歌」で歌われているように、「味の狭山茶」として広く親しまれています。特に、「狭山火入れ」と呼ばれるじっくり時間をかけた火入れを行う古くからの仕上げ方法により、甘く濃厚な味を楽しむことができます。
また、狭山茶は、農家自らが栽培から加工、販売まで一貫して行う「自園自製自販方式」が主流となっています。

狭山茶の歴史

DSC_3258 今から八百余年前、我が国臨済宗の開祖栄西禅師が中国から種子を持ち帰り、栽培するとともに「喫茶養生記」を著し、茶の栽培を奨励したのがきっかけとなり、本格的に栽培がはじまったといわれています。
 狭山地方に初めてお茶がもたらされたのは、鎌倉時代、京都の高僧明恵上人が「武蔵河越の地」に植えたのが始まりのようです。
 本格的に茶業として始まったのは、江戸時代後期、入間市宮寺の吉川温恭、村野盛政らによって生産の拡大が図られました。当時は現在のような茶園ではなく、冬の季節風を防いだり、畑と畑の間を区切るために植えられたとか。茶の出荷先は主に江戸でしたが、安政の開港以後生糸とともに日本を代表する輸出品として横浜から出荷した記録が残っています。
 明治に入って日高市出身の高林謙三により、手もみ製茶の非効率性を打開するため、製茶機械が発明され製茶業として発展してきました。